学科案内

Course Guide

理学療法学科

Physical Therapy Course

occupational-1
badge

卒業時に取得できる資格

理学療法士(国家試験受験資格)
保育士(国家試験受験資格)

badge

目指せる国家資格

国家資格理学療法士
国家資格保育士

exclamation

活躍できるフィールド

総合病院・回復期リハビリテーション施設/
スポーツ・整形クリニック/地域福祉センター/
介護老人保健施設、福祉施設/行政機関教育機関/
身体障がい児(者)福祉施設/医療・福祉関連企業/など

理学療法学科のモットーは「学生主体」。
自ら考え自ら学ぶ学生を育て、
これからの時代に必要な人材育成に
力を注いでいます。

療法のターゲット

から高齢者までの
がいのあるあらゆる人を
とします。

text-image

image-section

理学療法学科の3つのポイント

department-1

「実践経験」を大切にする

臨床見学実習、合同演習など、1年次より様々な実習や学年縦断プログラムを実施。パラスポーツボランティアへも学習の一環として参加し、実践経験を深めます。

department-1

広い視野を持った人材を育成

レッドコード(金武校)や超音波エコーなどの最新機器や技術も積極的に導入。外国人講師を招いての特別講義や、海外での活動経験のある教員による講義など、多様な教を実践します。

department-1

「自ら考え発言する力」をつける

会話しやすい小グループ制によりコミュニケーション力を向上。グループワークや発表などで、チームワークとプレゼンテーション力を鍛えます。

pickup-top
pickup-class1

運動療法学

chain

ノルウェーで開発された『レッドコード®』は、骨・関節疾患だけでなく、脳卒中などの中枢神経疾患や神経難病の治療、さらにはスポーツ選手のケアやコンディショニングサポートに使用します。授業では、『レッドコード®』の治療技術を身につけることができます。

pickup-class1

義肢・装具学

chain

切断を始め、移動手段に何らかの障がいがある方に対し処方される義肢装具について学ぶ科目です。細かい部品の名前や機能、製作過程、装着方法等を学ぶ中で、将来、義肢装具士と共に理学療法士の目線で患者様に適した義肢装具を選定できるセラピストを育成します。

pickup-class1

理学療法評価法

chain

理学療法士の基本となる『評価』の理論と技術を学ぶ教科です。評価とは、患者の持つ症状や障がいを把握して、治療方針を立案し患者の将来を予測する過程です。その基礎として、筋力測定法や関節の可動域測定を学んでいます。実技が主となりますので、学生も『PTっぽい』と楽しそうに学んでいます。

pickup-class1

臨床運動学

chain

歩行動作の動画を見ながら、足部の障害が膝・股関節・腰部・体幹へとどのような影響を及ぼすのかを説明しながら、学生に考えてもらう授業です。今まで習ってきた解剖・生理・運動学の知識を総動員させてクラスメートと一緒にディスカッションをしてもらっています。

pencil

3年間で取り組むカリキュラム

pencil

基礎分野

  • ■人間と生活科学的思考の基盤
  • ○文学 ○生物学 ○情報処理
    ○医学英語 ○心理学 ○社会福祉概論
    ○実践コミュニケーション

専門基礎分野

  • ■人体の構造と機能及び心身の発達
  • ○解剖学Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ ○生理学Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ
    ○運動学Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ ○人間発達学
  • ■疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
  • ○病理学 ○内科学Ⅰ 
    ○リハビリテーション関連医学 
    ○整形外科学 ○神経内科学 
    ○精神医学 ○小児科学
  • ■保健医療福祉とリハビリテーションの理念
  • ○リハビリテーション概論Ⅰ.Ⅱ

専門分野

  • ■基礎理学療法
  • ○理学療法概論 ○臨床運動学 ○運動療法学Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ.Ⅳ.Ⅴ.Ⅵ
  • ■作業療法評価学
  • ○作業療法評価法Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ.Ⅳ
  • ■地域療法学
  • ○地域作業療法学Ⅰ.Ⅱ
  • ■理学療法治療学
  • ○物理療法学 ○日常生活技術論 
    ○理学療法技術論 ○神経障害理学療法学 
    ○運動器障害理学療法学

    ○呼吸・循環器障害理学療法学 
    ○義肢装具学 
    ○専門理学療法学Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ
asian-rehab

理学療法学科では、国際化の進む医療業界に対応し、国内外の人材育成および教育連携を進めています。2019年に立ち上がった研究室では、途上国との連携と支援を行うために、JICA草の根技術協力事業を開始します。

Top