学科案内

Course Guide

那覇校

那覇市安里に新築された那覇校では、
理学療法に特化した学びを提供します。
琉球リハビリテーション学院那覇校では、
理学療法士としての基礎を固めることはもちろん、
提携施設との充実した実習時間を設け、
現場で活躍できる実践力を身に付けます。
卒業時に取得できる資格
理学療法士(国家試験受験資格)
保育士(国家試験受験資格)
目指せる国家資格
国家資格理学療法士
国家資格保育士
活躍できるフィールド
総合病院・回復期リハビリテーション施設 /
スポーツ・整形クリニック/地域福祉センター/
介護老人保健施設、福祉施設/行政機関 教育機関/
身体障がい児(者)福祉施設/医療・福祉関連企業/など

理学療法学科〈那覇校〉の
3つのポイント

department-1

電子書籍を取り入れた
授業スタイル

那覇校では、授業の一部に電子書籍を取り入れています。図書館ではダウンロードで電子書籍を借りられます。

department-1

英語も得意な講師陣が揃う!

那覇校で注目すべきは、質の高いグローバルな講師陣。多くの先生方が英語が話せ、実践に近い医学英語が学べます。

department-1

充実した治療実習室を完備

新築校舎には、実技実習に役立つ教室を完備。最新の機器が揃い、快適に学べる環境が整っています。

pickup-top
pickup-class1

運動療法学

chain

運動学という学問は、医学·物理学·心理学·社会学など多くの学問分野を統合したもので構成されているといわれています。 理学療法士は、ヒトの身体と動きに関するスペシャリストです。その中核を担うのが『運動学』なのです。 講義の中で、VICONという3次元動作解析装置を用いてヒトの動きをデータで見ていきます。 これまで、ヒトの姿勢や動作を主観的に観察してきた理学療法士が、このような解析装置を使い、 より客観的に動作の分析ができるようになってきています。 当学院では、学生のときから主観と客観的視点から観察·分析することで、 ヒトのボディイメージを鮮明にすることを運動学の一つの目的としています。

pickup-class1

理学療法評価法

chain

理学療法の基本となる「評価」の理論と技術を学ぶ教科です。評価とは、対象者の持つ症状や障がいを把握して治療方針を立案し、対象者の将来を予測する過程です。 その基礎として、筋力測定法や関節の可動域測定を学びます。白衣を身に着けて実技を行うことで理学療法士としての実践と責任を学んでいきます。

pickup-class1

物理療法学

chain

物理療法とは、熱、水、光、電気などの物理的刺激を外部から人体に適用した治療法のことです。 スポーツ分野などで行われているアイシング、プールや入浴を利用した水治療も、物理療法のひとつです。 各治療を適切に実施するために必要な知識と技術を学びます。

pickup-class1

リハビリテーション概論

chain

歴史・概念などから始まり、多職種との連携やチーム医療そして地域・高齢者など幅広く『リハビリテーション』を理解し、対象者を様々な観点から考えていく講義になります。 グループワークを中心に情報を探索・集約・報告を行うアウトプットを実施し学生自身の理解と発見、経験と自信を共有していきます。

新校舎紹介

普通教室01

  • 普通教室02
  • 普通教室03
普通教室
classIII / classIV /
classV

講義やグループワークを行う教室になります。前面の壁は全
てホワイトボードになっており、キャスター付きの机と椅子
で自由自在な学習環境を構築できます。
    • 治療実習室

      治療実習室
      理学療法の実技を行う教室になります。80人収容可能で大講
      堂としても利用されます。VICON(三次元動作解析装置)も設
      置されています。
    • 機能訓練実習室

      機能訓練実習室
      筋機能検査、心肺機能検査などの身体機能検査の方法を学習
      します。トレッドミルやエルゴメーター、重錘、鉄アレイなど
      もあり、トレーニングルームとしても使用できます。
    • 基礎医学実習室

      基礎医学実習室
      骨や筋肉など、医療の基本となる解剖学・生理学を学ぶ教室で
      す。また、実験などの研究や探索に使用します。
    • 日常動作実習室及び義肢装具実習室

      日常動作実習室及び義肢装具実習室
      日常生活動作(ADL)の練習を行い、実際の自宅を想定した実
      技経験の充実を図ります。また、義肢・装具について学び体験
      します。
    • 図書室

      図書室
      文献や電子書籍を含めて1000冊以上の蔵書があります。パ
      ソコンも完備しています。
      • ロッカールーム
        実習着に着替えるなど、各自の
        ロッカールームの用意があります。
        お手洗い
        洗浄機能、暖房付き便座による安らぎ
        と、センサー式水栓による清潔保持と
        快適性があります。
        ワークスペース
        Ipadの充電切れにもデバイス用
        コンセント付きのワークスペースが
        あるから安心です。

理学療法学科2年

江洲 宇翔 (那覇西高校出身)

プレーヤーから選手の気持ちに寄り添える支えるプロへ

私は、小学校2年生の頃からサッカーをしてきました。そしてサッカーの選手生活の中で沢山のケガをし、病院の理学療法士にお世話になりました。そういう経験がきっかけで、将来は私が理学療法士になり、同じ境遇を持つ患者を、ここで学んだ知識を活かし、サポートできるようになりたいと思うようになりました。
そして、私の目標であるプロスポーツチームに帯同するPTとなるために日々頑張っています。


理学療法学科3年(夜間主)

照屋 千生 (首里高校出身)

働きながらキャリアアップを目指せる最高の環境

まず、私が那覇校に入学するきっかけになったのは、転職を考えた時のことです。以前の会社には約7年間勤めてきたのですが、20代の半ばを迎え、将来のことを想像した時、今のままでいいのだろうかと不安に思うようになり転職を決めました。
転職活動の際、次は将来に不安を感じない職種に就きたいと思い、身近に看護師として働く母もいたことから、医療系の職種中心に考えていたところ理学療法士という職種に出会い、興味をもったので本校のオープンキャンパスに参加しました。
話を聞いていく中で夜勤が無いので生活リズムが安定すること、国家資格を取得することで復職しやすいこと、技術を身につけていれば自分に自信がつくこと、と様々な利点を知りました。特にリハビリに携わることで患者さんの人生に関わることが出来るということに大きなやりがいを感じ、理学療法士になりたいと思いました。
那覇校は、新設ということもあり、設備が充実していることや、那覇の中心部にあるので交通の便利さも感じます。また、私のように社会人経験を経て、理学療法士になった先生方もいるので気軽に色々なことが相談できます。今は、コロナ禍の影響であまり交流を持てていませんが、那覇校とはまた違った自然の豊かな本校との交流ができるということも琉リハならではの魅力のひとつなのかな、と思います。


Top