学科案内

Course Guide

child-rehav-1
child-rehav-1
child-rehav-1

こどもたちの
あるがままの可能性を
引き出して、健全な成長を促す

こリハのターゲット

発達障がい児や身体障がい児を含む
すべての子どもたち

image-section

こどもリハビリテーション学科の
3つのポイント

department-1

14時40分まで時短で学ぶ

授業は毎日14時40分に終了します。バイトをしたり、育児中のママなら送迎にも間に合う!自由に時間を使えます。

※こどもリハビリテーションコースのみ対象となります。

department-1

語学スキルも重点的に磨く

今やリハビリの需要は世界規模。英語も中国語も学べるので、語学スキルを身につけることができます。

department-1

関連施設での充実の実習・実践

琉リハの近隣にはこども園や、発達支援センター、海洋療法リハビリセンターなど関連施設があり毎日実習が可能です。実践力が身につき即戦力となります。

pickup-top

pickup-class1

医療・福祉実習

chain

琉リハの関連施設である認定こども園『きんのほし』や発達支援センター『ぎんばるの海』、その他保育施設、児童デイサービス、クリニック等で実習を行います。 実習は実践的なこと、実際的なことを身につけるためには不可欠な学習活動です。毎週、実習を行い考えながら体験し、繰り返すことによって理解を深めていきます。

pickup-class1

マリン実習

chain

ダイビング、ヨット、釣りなどの実習を通して海で活躍出来る人材の育成を目指し、楽しみながら実践的なプログラムを実施しています。 フィールドはコバルトブルーに輝く沖縄の海!ヨットやダイビングの実習を行う事で、海上と海の中を深く知る事の出来る授業です。

pickup-class1

リハビリテーション概論

chain

リハビリテーションに関する基本的な考え方、知識について理学療法、作業療法、柔道整復等のそれぞれの分野での取り組んでいる内容を学ぶことができます。 また、発達支援や障がいのある方の対応に必要な知識を習得することができます。

pickup-class1

ホテル演習

chain

この授業では、マリンアクティビティを実施する側(マリンスタッフ)として素養の習得と、習得後の向上を目指しています。 学生自身が実際に働く現場の一つでもあるホテルで演習を行うことで、現場の雰囲気や実際に働いている方々の考え方に触れられる機会となり、就職へ向けた自身の基盤を固める良い機会となる授業です。

pickup-title

専門学校ならではの実践授業を学びながら、
短大の専門的な知識も取得できます。

こどもリハビリテーション学科と豊岡短期大学通信教育部こども学科を併修し、
「保育士資格」、「幼稚園教諭二種免許状」、「社会福祉主事任用資格」「短期大学士」、
「専門士」の取得を目指せます。(希望制です。)

学科の授業の一部が
短大の単位として
認められます。

学科での
学習進度に配慮して、
短大の学習スケジュールを
組んでいます。

スクーリングも
学院内で
受けられます。

関連施設が
充実しているから
教育実習も安心。


chain

flow

こどもリハビリテーション学科 2 年 (こどもリハビリコース)

具志堅 由美(前原高校出身)

子育てしながら、資格取得を目指せる!

私は2人のこどもを子育て中の学生です。こどもを育てていく中で『こどもの発達や発育、学習の進め方』などに興味を抱くようになりました。その際に、琉球リハビリテーション学院に新しいコースができることを知り、オープンキャンパスに参加しこどもリハビリテーション学科に入学することを決めました。カリキュラムの内容は、人間発達学やアニマルセラピー、こどもの安全と衛生学、スポーツ・コンディショニング理論など幅広い分野に至ります。子育てと仕事と学問の両立がここでは可能です。私は学院で3年間学び保育士・幼稚園教諭二種免許を取得します。

こどもリハビリテーション学科 2 年(海洋リハビリコース)

上原 悠雅(浦添工業高校出身)

目の前に海!フィールドワークも充実!

もともと海が好きで海に関わる仕事をしたいと思っていました。しかし、知識や経験が全くないので具体的にイメージすることができませんでした。その頃、先輩の紹介で琉球リハビリテーション学院について知りました。座学だけではなく、実際に海にでてフィールドワークとしてSUPやダインビングを体験し経験を積むことができます。海について、総合的に学ぶことができる学科はほとんどないと思うので、とても魅力的だと思います。しっかり学ぶことによって、今まで知らなかった知識を得て、仕事に対しても多くの選択肢が広がりました。海に少しでも興味がある方は、ぜひ1度オープンキャンパスに来て体験してみてください!


Top