ブログ・コラム

Blog / Column

2020.09.23 (水) ブログ

【ビジョントレーニングってご存じですか?】

【ビジョントレーニングってご存じですか?】

作業療法士が、発達障がいの子供たちの療育で用いる“ビジョントレーニング”について紹介します。

ビジョントレーニングとは40年以上前からアメリカ合衆国で提唱、開発されてきた対象物を見るための眼と手と身体、眼と頭の連動の力を養う訓練のことです。

 

発達障がいの子どもたちは、運動・学習においてさまざまな課題に直面することがあります。

例えば、“板書の文字をノートにうまくかきとれない(ディスクレシア)” “文字が追えず音読がうまくできない”“縄跳びができない”など運動・学習に困り感を抱える子供たちの中で、目の使い方や視覚情報処理の問題が影響している場合があります。

そのような子供たちに対し、作業療法士はビジョントレーニングを実施する事があります。

数字やキャラクターなどを探しながら眼球を動かす練習、全身運動をしながら目で対象物を捉える練習、また机上でプリント課題を用いて練習するトレーニング(下記)など、子供たちの発達段階、障がい、個性に合わせプログラミングします。

  • ほんもの探し

方法:赤線で囲まれた見本の絵とまったく同じ絵が、列ごとに何個あるか指は使わないで、目だけで数え、空欄に記入する。

①いちばん上の列から「左→右」へ横に数えます。

②いちばん右の列から「上→下」へ縦に数えます。

 

今回なぜ、ビジョントレーニングを紹介したのかというと、アスリートの中でも、運動のパフォーマンスをアップさせるために、ビジョントレーニングを取り入れているからです。

先日、琉リハがFC琉球とパートナーシップ締結をいたしました。

FC琉球 パートナーシップ締結式!!

プロサッカー選手の間でもスポーツビジョントレーニング(SVT)を自身のトレーニング方法としてブログや動画で紹介しています。

動体視力、どこでボールを受け止めるか、敵や味方の

位置を把握し素早く判断できる力などパフォーマンスの

向上には欠かせないトレーニングになっています。 

そして!!9月26日のオープンキャンパスではFC琉球スペシャル企画!第一弾!!として作業療法学科では『集中力アップ~スポーツ現場でも用いられるヴィジョントレーニング~』の学科体験を行います。

サッカー好きの方、そうでない方もトップアスリートが行っているトレーニングを体験しに来ませんか??

FC琉球スペシャル企画!第一弾!!

Top