background cloud

施設紹介:快適空間

施設紹介:快適空間

贅沢な快適空間も、すべて、あなたのために。

なぜ、これだけのものをつくるための投資をしたのか。それは、快適な空間づくりのセンスを学生に伝えたかったからです。これからの新しいリハビリテーションは、空間づくりから始まる。そういった信念がわたしたちにあるからです。

薄暗く、息が詰まるような空間からは、新しいリハビリテーションも、患者さんの希望も生まれてきません。患者さんに快適空間を提供できるかどうかが、リハビリテーション医療の現場でリーダーとなりうるセラピストのひとつの資格です。ぜひ、本物の快適空間を味わい、それをつくりだすセンスを身に付けてください。

見て、感じて、知る。
ようこそ、体験型キャンパスへ。

リハビリテーションのプロを育てる、いわば「リハビリテーションの博物館」。

■私たちは、学院の校舎をデザインする際、自分たちにこう問いかけました。そして、考えました。リハビリテーションというのは、心と身体を元気にする技術であり、科学であり、知恵です。それを助けるための道具やノウハウがいっぱいあって、一つでも多くのことを理解することがリハビリテーションのプロに近づく道です。
■では、これまでの学校は、道具やノウハウをどうしていたのか。ほとんどが、倉庫の片隅や、講師の頭の中に閉じ込めてしまっていました。学生が、それらに触れることができるのは、その道具やノウハウについて教えてもらうときだけ。これでは、医療現場に出た時に使える知識にはなりません。
■私たちが試行錯誤の末にたどりついたのが「見て、感じて、知る」校舎。校舎をひと回りすると、リハビリテーションのイロハがわかるような、体感型のキャンパス、いわばリハビリテーションの博物館です。それは、学生にとって、もっと親切な見せ方は? という問いに対する答えにもなっています。

 

施設を見学したい方は、オープンキャンパス&ナイトキャンパスへ。

資料のお取り寄せはこちらから↓


pickup contents

  • FUTURE 取れる資格や、就ける終業情報
  • VOICE 学生の声、卒業生の声などのコンテンツ
  • CAMPUS LIFE 学生生活の様子
  • 沖縄留学 美ら島でプロフェッショナルを目指そう!琉リハへめんそーりよ!
  • 琉球リハビリテーション学院 附属整骨院
  • 金武リハビリテーション 2014/04/01 OPEN 診療科:整形外科/麻酔科(ペインクリニック)/リハビリテーション科