background cloud

保育士ダブル取得&ひとり親家庭支援

保育士ダブル取得&ひとり親家庭支援

作業療法学科・理学療法学科でダブルの国家資格取得が目指せます!

作業療法学科または理学療法学科に入学すると、主専攻(作業療法学科または理学療法学科カリキュラム)以外で、保育士試験(筆記試験・実技試験)合格のための講座及び実習を受講できます。最短で各学科3年在籍時に保育士試験の受験資格を認められ、その年度に試験に合格した場合は、翌年4月から作業療法士・理学療法士の他に保育士としても働く事ができます。講座・実習の費用は各学科の授業料に含まれますので、別途費用はかかりません。(教材・教科書代は別)

将来、子どもに関わる仕事がしたい、障がいを持った子どもの役に立ちたいと思っている方はぜひ2つの国家資格取得を目指してください。

保育士受験講座の概要(予定)

開講期間:1年後期~2年前期 月~金 17:30~19:00(年間90コマ)

開講講座:社会福祉、児童家庭福祉、保育の心理学、子どもの保健、子どもの食と栄養、保育原理、教育原理、社会的養護、保育実習理論、実技(音楽・造形・言語)、試験対策、関連施設での研修など

作業療法学科・理学療法学科において、「ひとり親家庭支援制度」を実施しています。

作業療法学科または理学療法学科へ入学する、ひとり親家庭の親である方を対象に「ひとり親家庭支援制度」を導入致しました。仕事と子育ての両立に悩む多くの方の国家資格取得を応援します。

仕事のステップアップや、安定した就職のために国家資格取得を考えているひとり親家庭のみなさん、ぜひこのチャンスを利用しませんか。

ひとり親家庭支援制度 概要

①「琉リハ ひとり親支援制度

学納金を60万円減額します!


②日中・夜間対応の学院内保育園

学院内保育園「やぎさん保育園」を活用すれば、昼間部・夜間部ともにお子さんと一緒に通学が可能です。
しかも、学生にうれしい学生料金設定!(ひとり2,500円~10,000/月
月ぎめ保育の他、一時預かりも対応します。

③自治体から支給される「高等職業訓練促進給付金」の活用が可能

現在、ひとり親家庭の親が特定の資格を取得する際、お住まいの自治体より、生活費として毎月7~10万円を卒業までの3年間受取れる「高等職業訓練促進給付金等事業」という制度があります。この制度を利用すれば、少ない負担で専門学校へ通う事が可能です。
また、現在沖縄県ではひとり親世帯の資格取得支援事業の拡充のため、上記の給付金の他に【入学準備金:50万円】、【就労準備金:20万円】の貸付制度の創設が決定しました。

こちらは資格取得後、5年間継続して就業した場合は、この返済が免除されます!

お住まいの自治体により、実施内容が異なる場合や、定員が決まっている場合があります。詳細は、お住まいの市町村役場へお問い合わせください。

もう少し詳しく説明をお聞きした方は、オープンキャンパス&ナイトキャンパスへ。

資料のお取り寄せはこちらから↓


pickup contents

  • FUTURE 取れる資格や、就ける終業情報
  • VOICE 学生の声、卒業生の声などのコンテンツ
  • CAMPUS LIFE 学生生活の様子
  • 沖縄留学 美ら島でプロフェッショナルを目指そう!琉リハへめんそーりよ!
  • 琉球リハビリテーション学院 附属整骨院
  • 金武リハビリテーション 2014/04/01 OPEN 診療科:整形外科/麻酔科(ペインクリニック)/リハビリテーション科